HOME>注目記事>フロアコーティングで家の寿命を延ばそう!

フロアコーティングの必要性とは?

床をコーティングすることで、日常的な汚れの蓄積や傷から床を守ります。掃除のしやすさが格段に上がりますので、清潔を保ちたい人には必要な施工となるでしょう。

フロアコーティングを自分でやる場合の注意点

失敗したら業者への依頼が必要

施工の不備などで再施工が必要になった場合は、剥離作業がプラスされるので費用が高くなります

道具をフルでそろえたほうがよい

フロアコーティングを行う場合、専用の道具をフルでそろえる必要があります

床のワックスの剥離作業も丁寧に行おう

ワックスを剥離することで、フロアコーティングがうまくいきます。

スケジュールに余裕を持とう

施工業者と違い短時間でのフロアコーティングは難しいととらえましょう。

プロへの依頼が近道になる場合も

費用面、施工クオリティ、耐久性すべてにおいてプロへの依頼が近道です。

希望に合ったものを選ぼう

足

新築の家の床にはコーティングがされていますが、時間が経てば経つほどどんどんと剥がれていきます。そのため、見た目を維持したり木材をきちんと保護したりしたい場合は、定期的にフロアコーティングをやり直さなければいけません。しかし、いろいろな種類があるので、まずはどれにするか決めることから始める必要があります。一度施工してもらうとやり直すのは難しいので、しっかりと考えて希望に合ったものを選ぶようにしましょう。

耐久年数や価格で選ぼう

床

それぞれのフロアコーティングには耐久年数があって、5年程度経つと剥がれてしまうものもあれば、20年から30年以上も長持ちをするものもあります。長ければ長いほどよいと考えるかもしれませんが、そのようなものは施工してもらう価格が高くなってしまうケースがほとんどなので気をつけましょう。従って、ベストなフロアコーティングを行いたい場合は、耐久年数と価格をきちんと把握してから後悔しないものを選ぶ必要があります。

業者の方に一緒に選んでもらおう

塗装

たくさんあるフロアコーティングの中から、適切なものを選ぶためにはそれなりの知識が必要になります。もちろん、これから知識を学ぶのもよいですが、大変だと思えるなら、業者の方に教えてもらって一緒に最適なものを選んでもらいましょう。

広告募集中